So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

KATO ポケットライン チビ凸(旧製品)の動力交換 [ 車輌改造ネタ(Nゲージ)-機関車]

皆様、新年あけましておめでとうございます。(今更!?)

実は年末~年始にかけて、転職やら引継ぎやら旧自社の基幹サーバ更改やらストレスによる消火器系の不良やらなんやらでなかなかBLOGどころか、模型すらいじる暇も気力もなく・・・(※いいわけ)
ということで、この回が新年一発目の投稿になります。

さて新年一発目、なにをやろうかと思ってたら・・・・昨年末、KATOのロングセラー商品であるポケットラインの動力のリニューアルが行われ、その動力も発売されました。それがこちら

■11-109 チビ凸動力ユニット
KATO_chibitotsu_20200113_001.jpg

なんでこれを買ったかというと、皆様、ご存知でしょうか?
約6年前にライトを点灯化させたコヤツを・・・
28bd1016.jpg
その時の記事(※過去ログ)がこちら↓
・KATOポケットラインの凸型機関車をメンテしたら、ものすごく調子がよくなったので・・・
KATOポケットラインの凸型機関車をメンテしたら...(その2)
KATOポケットラインの凸型機関車を(その3)

なんせ30年前に購入したものとはいえ、メンテナンスしてもいまいち動作が不安定で・・・動力ユニット自体の交換を目論んでおきながら放置・・・していた結果、この度、めでたくリニューアルされました。

といわけで交換ですが、旧動力に標準装備されていたモーターノイズ対策用のコンデンサーは新動力にはついておらず・・・
acfbef4e.jpg

どうしよう?と悩みながら分解した結果、新動力ではモーターへの電気をダイキャスト直でなく集電板&電源コード経由でとっている構造であることを確認。
KATO_chibitotsu_20200113_002.jpg
ここからライト点灯用の電気を拝借することにしましょう。

で、新動力はモーター上部に穴(たぶん放熱か、もしくはモーターの振動を吸収させるもの)が開いているので、コードもここをかませばOK。
KATO_chibitotsu_20200113_003.jpg

ライトユニットからきてるコードとこの場所で接続(※ハンダ使用)させ、念の為に接続部分のまわりをテープで絶縁。

元通りに組み上げて、完成。
KATO_chibitotsu_20200113_004.jpg

結果、新動力のコアレスモータ&フライホイール動力のおかげで、常点灯の調整がシビアになりまして・・・(汗)

そんな感じで、今年も御贔屓の程、何卒よろしくお願いします。
いじょ。

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

KATO 415系(常磐線・新色)その3(改造編)

前回に引き続き、まだまだいじる箇所が残っているので、いじり倒します。

・屋根上機器(※パンタグラフ周り)

碍子部分を別パーツ化してあるのでかなりルックスがリアルにはなっているが、構成上、どうしても別パーツ化できない部分がグレーのまま残っているので、そこに白色をタッチアップします。

KATO_EC_415s_20191014_020.jpg
(手前:着手前、奥:着手後。まだ一部、逆にグレーに塗らないといけない箇所の残あり。)

・15両フル編成化
「一体なにを言ってるんだ?」と思った貴方は正しい。
確かに、理想は4両増結セットと4両セットを買い足せば改造なしで実現できるのだが・・・

・・・いろいろと予算の関係(増税前の駆け込み需要)でそれは厳しい状況であり、現にまだ室内灯を購入する予算を確保するのに四苦八苦している状況である。

しかしその一方、当鉄道には既に旧製品の415系(基本+増結)
c06e7717.jpg
c06e7717.jpg
が在籍&活躍しており、これらを活かせば、15両化が比較的容易に達成できるのである。

・・・というわけで、旧製品側のダミーカプラー装備車を、新タイプの密着連結器に改造して、この問題を解決しようと思います。

KATO_EC_415s_20191014_015.jpg
ダミーカプラーを外し、

KATO_EC_415s_20191014_016.jpg
ASSYパーツで新タイプ密着連結器が装備されているもの(主流?なのは165系の全面側)を用意し、装着時、上部の板を車体に接触しないように一部干渉する部分をわずかに削ります。

KATO_EC_415s_20191014_017.jpg
さらにスカートを以前の改造方法Z04-8642 クモハ/クハ115長野色スカートに履き替えさせ、新連結器を車体へいい感じの車間になるように位置調整しながら、ゴム系接着剤で貼り付けます。
そして十分に乾燥させたのち、新旧の製品を混結してみたのがこちらです。
KATO_EC_415s_20191014_019.jpg

無事15両編成に組成できるようになったのですが、色が違ったり、そもそも窓や車体の形が違うのが目立ちますが、先立つものがないので致し方ない&旧編成を活用できるので、そんなのは気にしない方向で(やけくそ)

残りは・・・室内灯・・・

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

nice!(0)  コメント(0) 

KATO 415系(常磐線・新色)その2(改造編) [ 車輌改造ネタ(Nゲージ)-電車]

おかげ様で、神奈川は台風が無事(?)通過しました。
自分の周りは運よく目立った被害はありませんでしたが、この度の台風で被害に遭われた方々、犠牲になられた方々へのご冥福と一日も早い心身の安息を心よりお祈り申し上げます。

というわけで、流石に外出は控えていたので、今日は一日、いつ起こるかわからない自然災害に警戒しながら、日がな一日、大人しく?模型をいじってました。

前回の続きです。

まずは付属品を取り付け・・・・
KATO_EC_415s_20191013_010.jpg
・・・たのですが、なんとなく違和感が・・・・

そうです。
c69888db.jpg
実車は幌枠が黒く塗装されており、(※画像は手元にあった403系のものですが、同じなので)
7c7943e1.jpg
既に所有している旧製品でも、その部分を黒く塗っております。

なので同様に、塗ります。
ついでにジャンパ線も。
すると・・・・

KATO_EC_415s_20191013_011.jpg
絞まりました!
いい感じです。

ついでにいつもの方法でライト類の常点灯化も実施しました。

KATO_EC_415s_20191013_012.jpg

さて、残りは・・・
KATO_EC_415s_20191013_013.jpg

(つづく)

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

KATO 415系(常磐線・新色) [車輌ネタ(Nゲージ)-電車]

ちょっと販売が遅れて待たされましたが、無事発売されました。

415系 (常磐線・新色)" target="_blank">

KATO_EC_415s_20191009_001.jpg

KATO_EC_415s_20191009_002.jpg

待った甲斐が十分あったと感じられるクオリティなので、今回は特にコメントは入れません。
ご自分の目で確かめてください。

KATO_EC_415s_20191009_003.jpg

KATO_EC_415s_20191009_004.jpg

KATO_EC_415s_20191009_005.jpg

KATO_EC_415s_20191009_006.jpg

KATO_EC_415s_20191009_007.jpg

KATO_EC_415s_20191009_008.jpg

KATO_EC_415s_20191009_009.jpg

それでは次回以降、入線整備に着手します。

(つづく)

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

GREENMAX JR北海道キハ54形500番台 [車輌改造ネタ(Nゲージ)-気動車]

もはや当鉄道ではお馴染みとなった、北の大地の車両ならとりあえず買っとけシリーズ。
今回は、この製品を購入。

GREENMAX JR北海道キハ54形500番台

GM_DC54-500_20190812_001.jpg


実ははるか以前から購入を検討していたのですが、製品仕様にイマイチな点が多くて、購入を戸惑っていました。
今回、そこら辺を改造で克服できると判断したので、満を持して導入した次第です。

GM_DC54-500_20190812_002.jpg

さて、今回再販された3種類の中から、留萌本線・元急行仕様をチョイス。
理由は最もキハ54らしい外見(帯が2本)と、宗谷本線の快速に使われているからという友人の好みを参考にしました。

GM_DC54-500_20190812_003.jpg

というわけで入線整備を兼ねて、GREENMAXの「作る楽しみ」というコンセプトを尊重した形で自分なりの改造を施していきます。

①幌
GM_DC54-500_20190812_012.jpg
説明書どおり、付属の幌をゴム系接着剤で接着。
ここらへんはメーカー推奨の為、特に別途説明は不要なので省略。

②カプラー
メーカー推奨だと、片方はダミーカプラー、片方はダサくて拡張性に欠けるドローバーを付ける仕様。
GM_DC54-500_20190812_008.jpg

しかしこれではセットの内容どおりキハ54系の2両で編成は問題なく組成できるが・・・実物は特急のような固定編成じゃないので、それはあり得ないんでは?

・・・というわけで、問答無用で改造です。
GM_DC54-500_20190812_010.jpg

GMのやつは、元々TOMIXのBMTNカプラー(※SPじゃないやつ)が分解&流用でつけられるようになってるので、それを利用。
ネットでググると、公式(?)ページでSPタイプの改造例が既にありますが、今回はたぶんどの家庭にもデッドストックが1~2つ転がってると思われるので・・・
GM_DC54-500_20190812_010.jpg

GM_DC54-500_20190812_009.jpg
やる内容は車体から外したスカートの中の、ドローバーを取り付ける部品を外して、BMTNカプラーの連結器部分に置き換えるだけ。
GM_DC54-500_20190812_011.jpg
特に接着剤や両面テープすら不要&余計な加工も行わずに、まんまボルトオンでいけます。

そんな感じでとりつけてみたのがこちら。
GM_DC54-500_20190812_018.jpg
今回はもう片側もT車側のやつから剥奪して移植します。
理由は後程・・・・

③灯火類(ヘッドライト/テールライト)
そもそもキハ54系500番台って、単行で運用されること多くね?という、2両固定編成を無理やり組ませようというメーカーの仕様に疑問を持ってる方も多いはず。
これは一昔前の動力(例:2モータ仕様)だったら、ライトユニットがボルトオンで両側に付けられない&加工してつけても、今度は構造上の理由で室内灯を付けることができないという仕様が祟っていた故の制約でした。
実は今回のやつは、新動力が採用されている為、その制約が効いてないことが確認されまして・・・
GM_DC54-500_20190812_005.jpg

GM_DC54-500_20190812_006.jpg

ただし、ライトユニットは非装着側にも、そのままつきそうな感じも一見しますが・・・
GM_DC54-
500_20190812_007.jpg

実はレンズがない分、ダミーのレンズが窓ガラスパーツに再現されており・・・
GM_DC54-500_20190812_013.jpg

ライトユニットを取り付ける際は、その不要な部分を切除する必要があります。
GM_DC54-500_20190812_014.jpg

別途ライトユニットをGMストアーあたりで購入する必要がありますが、今回は時間の関係(※これを購入後、GMストアーに出向いたのですが、既に営業時間が終了していた)ので、手っ取り早くT車のを剥奪して移植。
GM_DC54-500_20190812_015.jpg


こうして組み上げた結果、こうなります。
GM_DC54-500_20190812_016.jpg
GM_DC54-500_20190812_017.jpg

M車を単行仕様に仕立てたら、T車がなくても問題ないので、当分は休車扱いになります。
T車のは必要になったら、別途入手する方向で。

いじょ。

~おまけ~
実車の運用どおり、キハ40と連結してみても、サマになるよね?
GM_DC54-500_20190812_019.jpg

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

KATO 密連カプラー#2用の連結器カバー [車輌改造ネタ(Nゲージ)-気動車]

忙しくて時間がないので、旧BLOGで書いた過去ログの内容をば・・・

25a1cb4b.jpg

KATOの新方式の密着連結器に試しに交換してみる ~キハ201編~

KATOの新方式の密着連結器に試しに交換してみる(その2)~キハ201編~

KATOの新方式の密着連結器に試しに交換してみる(その3)~連結器カバー加工編~

ちなみにこの加工記事を書いたのが、2016年8月29日。3年近く経ちますが、未だに新密連カプラー(密連カプラー #2)に装着可能な連結器カバーは製品化&発売されておらず、連結器カバー装備タイプの車両は旧規格のものをダミーカプラーに被せたり、連結器カバータイプのダミーカプラーを装着したり、酷いものだと初めっからその部分は何も装着しない仕様でお茶を濁し続けてる始末。

KATOさん、やる気ないのもいい加減にしろ(怒)


↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TOMIXの旧集電台車のリニューアル作業(キハ183-2550編) [車輌改造ネタ(Nゲージ)-気動車]

・・・と謳ってみたが、実はTOMIX E501系&209系 リニューアル計画で黒車輪と集電板、黒バネが余ったので、何気なくキハ183-2550の旧集電台車の交換作業に流用できないのか?とふと思い立ってやってみただけの作業。

TOMIX_DC183-1550_20190716_001.jpg

台枠自体は旧集電も新集電も穴の位置や凹凸はまったく一緒。
TOMIX_DC183-1550_20190716_002.jpg
流石、流用上手なTOMIX。

気になるのは・・・キハ183-2550が履いているTR239台車と、209系が履いているTR246台車の車輪間隔が一緒かどうか・・・・

ということで、とりあえずやってみたら、まったく同じでした。
TOMIX_DC183-1550_20190716_003.jpg

結果・・・
TOMIX_DC183-1550_20190716_004.jpg
転がりがすごく軽くなりました

なのでこの手法、けっこういろんな車両に使えそうです。
よかった、よかった。

いじょ。

↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

nice!(1)  コメント(0) 

TOMIX E501系&209系 リニューアル計画(とりあえず、最終章) [ 車輌改造ネタ(Nゲージ)-電車]

部品の市場在庫枯渇に伴う、旧ブログからの積み残し課題。
ようやく部品が再販されたので、入手&着手。

TOMIX 0430 DT61D(黒車輪)
TOMIX_EC_E501_20190703_001.jpg
TOMIX_EC_E501_20190703_002.jpg
当鉄道のE501系(※約20年モノ)は勾配対策で2M化している為、2両分(計4個)を用意。

カプラーをぶった切り・・・・
折角なので、スプリングも目立ちにくくするために、黒いのに交換。
TOMIX_EC_E501_20190703_003.jpg

少しでも走りを快適にするために、ラジコン用のセラグリスHGを注油。
TOMIX_EC_E501_20190703_004.jpg

そして交換後の姿がこちら。
TOMIX_EC_E501_20190703_005.jpg

TOMIX_EC_E501_20190703_0056.jpg

これでようやくM車も、晴れてよりリアルな外見になりました。

このシリーズは、とりあえず完了です。


↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

タグ:TOMIX E501 DT61D
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MicroAce キハ22-700 北海道色・改良版 2両セット(その2) [車輌改造ネタ(Nゲージ)-気動車]

前回のまとめ。

「MicroAceのキハ22は、そのままでは連結車間がクソ」

まぁこれはMicroAceのほとんどの車両に言えるのですが。
まだ連結器が交換可能(選択肢がある)ので、マシな方ですが。
※連結器の交換が一筋縄ではいかない実例:秩父鉄道 デキ500 購入編 改造編


というわけで、TOMIX JC6353(密自連型TNカプラー SPⅡ)にさくっと交換です。

MicroAce_DC_22s_20190620_001.jpg

連結車間もこれでばっちり!
MicroAce_DC_22s_20190620_002.jpg

ただひとつ、問題が・・・

MicroAce_DC_22s_20190620_004.jpg
ライトスイッチですが、T車はここにあるので問題ないのですが・・・
MicroAce_DC_22s_20190620_005.jpg
M車のスイッチはカプラー根元にあり、どうしても隠れてしまいます。
MicroAce_DC_22s_20190620_006.jpg

まぁここら辺は仕方ないと割り切っていくしかありませんね。
操作するときは連結器を取り外して操作する。

スイッチを操作するのに、わざわざ車体を外す必要のあるKATOのキハ30系よりかははるかにましですがねw

~おまけ~
折角なので、キハ40との混結をば・・・
MicroAce_DC_22s_20190620_003.jpg


あ、ついでに室内灯も入れました。
TOMIXのLC(白色)です。

いじょ。


↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

nice!(1)  コメント(0) 

KATO 10-466 205系(武蔵野線色) 8両セット(その3) [ 車輌改造ネタ(Nゲージ)-電車]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新潟・山形沿岸で地震の被害に遭われた方々へ、心からお見舞い申し上げます。(リアルタイム)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回はライト類をいじりました。

KATO_EC_205s-musashino_20190612_004.jpg


今回は引き続き、入線整備の一環で、連結部まわりをカスタマイズしていきます。

■幌の追加
KATO_EC_205s-musashino_20190618_005.jpg

KATOの205系は約30年前の設計で、比較的最近発売されたものでも未だに幌がついていません。
なので当鉄道では近年発売された車両を参考に、基本的に20系寝台客車用の幌をゴム系接着剤を用いて、追加装着しています。

KATO_EC_205s-musashino_20190618_006.jpg

幌がないとあるとでは、外見がこれだけ違います。
・幌なし
KATO_EC_205s-musashino_20190618_007.jpg

・幌あり
KATO_EC_205s-musashino_20190618_008.jpg

■ダミーカプラー
武蔵野線205系のメルヘン顔はスカートがない分、標準でついてくるダミーカプラーだけではさすがにスカスカすぎて、なんとなく物足りない感じがします。
なので、103系用のダミーカプラーを加工してとりつけることにします。
※余計なものがいっぱいついているので、そのままではリアリティに欠ける為。
KATO_EC_205s-musashino_20190618_001.jpg

KATO_EC_205s-musashino_20190618_002.jpg
実車を参考に、クハ205は空気配管を正面から見て右側、クハ204は左側を残して切除、ジャンパ栓は左右それぞれ1個づつを残して切除します。
KATO_EC_205s-musashino_20190618_001.jpg

ダミーカプラー用の穴をそのまま生かして付けようとしましたが、スカスカでしっかりつかなかった為、こちらもゴム系接着剤で接着しました。
KATO_EC_205s-musashino_20190618_003.jpg

その結果、ここまでリアルになりました。
KATO_EC_205s-musashino_20190618_004.jpg

さらに年代に合わせてATS-B車上子を切り取ったり、空気配管の弁の部分をタッチアップ塗装したりすると、よりリアルになると思われます。

今回は、このあたりで。

(・・・まだ、つづく?)


↓もしよろしかったら、クリックをば・・・↓

鉄道コム



↓ついでに、こちらとこちらも・・・↓


↓さらにこちらもお願いします↓

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -